FEATURE 35

SEASON'S GREETING 2021 AUTUMN/WINTER COLLECTION

コロナ禍の日常も2年目を迎え、様々な生活様式が刷新しました。
新しい習慣も将来的には、環境に良いことが当たり前という価値観が定着し、Z世代やそれ以下の世代には普通のこととして受け入れられているかもしれません。
DESCENDANTも時代の変化に順応できるブランドでありたいと思っています。

そんな変化の一つが東京・中目黒の旗艦店をクローズすること。
旗艦店ではこれまでショッピングバッグの替わりに汎用性のある布バッグを販売してきましたが、今後はそれぞれ形状と容量の違う3種類をDESCENDANTのオンラインストアで発売します。
次に、これまでシーズン毎に全国のディーラーを経由して配布してきたカタログを廃刊し、印刷媒体としてのカタログからウェブカタログへとデジタルトランスフォーメンションを図ります。
大幅な資材の削減に繋がる一方、ウェブコンテンツを一層充実した内容へアップデイトします。

また、環境や野生動物に優しいファブリックへの転換も大きな変化と言えるでしょう。
例えば、かつては本革の代替品として偽物扱いされてきたフェイクレザーも、いまや本革と見紛うばかりの素材感に進化したシンセティックレザーが普及し選ばれています。
DESCENDANTではレザーの廃材を裁断し板状に成形したリサイクルレザーのカードケース然り、廃棄される生地を集めてはん紡したリサイクル素材のカットソーもまた然り。
既報のTHINC PROJECTでは、DESCENDANTの過去のサンプルを資材として活用するアップサイクルなコレクションを展開予定です。

時代の変遷に謙虚な気持ちで相対し、ブランド自らが変化することを躊躇しない
ーーそんな姿勢で臨んだDESCENDANTの2021秋冬コレクションをお楽しみに。